スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ会員になるための講習会3日目。

2015.10.29.16:18

講習会3日目、午前は内海先生の「看護のポイントと家庭での工夫」。
DSCF3090.jpg DSCF3092.jpg
あたたかいお話と耳式体温計や手洗いの実習などを通して
家庭で看護することについて考える時間でした。
看護についてのみならず家庭での預かりで大切なことを学べたのではないでしょうか。

午後からはまず「サポートの実際①」。
全員での自己紹介のあと
DSCF3099.jpg

預かるときのやりとりや報告書の書き方を
アドバイザーのロールプレイを交えて見ていただきました。
DSCF3105.jpg
活動のイメージがより具体的になっているといいなと思います。

そのあとは最近の子育てグッズを見たり体験したり。
DSCF3107.jpg DSCF3113.jpg
ベビーカーやスリングからマグマグ、離乳食まで
懐かしいもの、初めて見るものいろいろ準備しました。
子どもさんを預かるときには依頼会員さんに確認した方がいいことがたくさんあるなあ
と感じた1時間だったと思います。

きょうの最後は薗部先生の「子どもの病気①」。
DSCF3114.jpg
日々いろいろな子どもさんの診察をされている先生のお話なので
より具体的にわかりやすく子どもがかかる病気についてうかがうことができました。
子育て中の受講者の方はもちろん
子育ての経験のある方も「そうだったのか」と思うこともあったようです。


会場のふんいきがだんだん和やかになってきています。
休憩時間には楽しいおしゃべりや笑い声が聞こえてきます。
DSCF3094.jpg
同じ講習会を受講しようと思ったのも何かの縁
これから子育て支援の仲間として長い良いお付き合いになるといいなと思いながら
わたしたちもうれしい気持ちで受講者の皆さんの様子を拝見しています。

comment

Secret

profile

ふぁみさぽ

Author:ふぁみさぽ
和歌山市小人町29番地 あいあいセンター5階
TEL/FAX:073-424-3770

開設時間・火~日曜日 9~17時
休館日・月曜日、年末年始
(月曜が祝日の場合は次の平日)

ファミリー・サポート・センターは
子育ての援助をしてほしい人と
子育てのサポートをしたい人が
会員として登録して
できる人が、できる時に、できることで支えあう会員組織です。

和歌山市ファミリー・サポート・センターは
特定非営利活動法人きのくに子どもNPOが受託し運営しています。

category
entry
comment
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
counter
search
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。